masuwa-mainimage
気持ち良さを追求した、生活道具としての刃物の形。

金物の町として有名な新潟県三条市にて、親子二人で小さな鍛冶屋を営む増田切出工場。
創業から60年間、今も当時と変わらない鍛造という技法で、切出し小刀を作り続けています。今より少し前、鉛筆などを削るため小刀という道具は私たちにとってとても身近な道具でしたが、今は大工や園芸といった専門的な職人のための道具という位置付けになっています。
手作り刃物の良さを、もっと多くの方に知ってもらいたい。多くの人にとって刃物を使う原体験だった、鉛筆を削るあの感触を思い出してもらいたい。
使い勝手、佇まい、安全性、手に取りやすい価格、それらを両立すべくデザイン事務所との共同開発によって、古くも新しいステーショナリー MASUWAは生まれました。
鉛筆を削るのはもちろん、荷物の開梱やちょっとした工作まで、生活道具としての気持ちさを追求しています。

MASUKIRI Web Shopにて販売中

一本一本手打ちされた刃物は切れ味が長く続き、また切れなくなった時にも研ぎ直して永く使い続けることができます。
良いものを愛着を持って永く使ってほしいという想いを込めて作られています。
※切れ味が落ちた、先端が欠けてしまった場合などは無料で研ぎ直しいたします。

MASUKIRI Web Shop